輝く若者たち

弊誌25周年特別企画として1月号よりスタートした20代の輝く若者へのインタビュー。
今月は、旭川電気軌道株式会社で働く路線バスの運転手 佐々木拓磨さんをご紹介。

少しの遠回りが、より子どもの頃の憧れの職業へと向かわせた

輝く若者たち

 子どもの頃に抱いた夢や憧れを叶え、現在、仕事にしている人はどれくらいいるのだろう。成長とともに夢は薄れ、いつしか忘れてしまう――。そんな人が多いなか、1度は違う道へ進んだものの、幼いころの思いが再熱し、バスの運転手になったのが旭川電気軌道(株)に勤める佐々木拓磨さん。 「たくさんの人を乗せて、あんなに大きな車(バス)を運転するなんてすごい! かっこいい!」と、バスの運転手に憧れ始めたのは4歳のころ。自宅が春光営業所の近くだったこともあり、バスを見る機会も多く、ワクワクしながら佐々木少年はバスを眺めていた。ところが、高校生となり進路を決めるときに彼は「すぐになれる仕事じゃなかった」との理由から1番好きだったバスの運転手ではなく、2番目に興味を持っていた航空関係の仕事を選んだ。
 バスを運転することができるのは、大型2種免許所持者。満21歳以上で、さらに普通免許・中型免許・大型免許を取得した期間が通算3年以上なくては資格を取得することができない。17歳で進路を決めなくてはならなかった佐々木さんにとっては、遠い道のりに感じたのかもしれない。しかし、専門学校を卒業し、旭川空港で飛行機の駐機場への誘導や荷物の積み下ろしなどの地上作業スタッフとして働いたことが、バスの運転手への憧れをより一層強いものにし、実現へと向かわせた。何故か一緒に働く先輩方はバスの運転手経験を持つ人ばかりで、さらに休憩室からは観光バスの発着が見える。心の中で「かっこいいなぁ」と思い、先輩方からは運転手時代の話しを聞く、そんな職場環境で、バスの運転手になりたい気持ちが再び湧き上がったのは必然と言えるだろう。そして、あるとき先輩がバスの運転手に憧れる佐々木さんに「車の運転が下手だと無理だよ」と一言。そんな悪気のない先輩の言葉が彼の心に火を点けた。休みの日やシフトの合間を利用して教習所へ通い、1ヵ月半をかけ大型2種免許を取得し、退職。26歳にしてバスの運転手となった。

バスの運転手として、業務中は何事もないことが1番うれしいこと

輝く若者たち

 佐々木さんの路線バス運転手デビューは、一昨年の12月。バスの運転手になる前は、「寒い冬も車内での仕事だから暖かくていいなぁ」と思っていたそうだが、実際には積雪の影響で幅が狭くなった道路での対向車とのすれ違いや路面状況によるスリップなど、道路状況に合わせた走行に全神経を集中させながらの運転、乗客の安全確保に気を配るなど、思いのほか安全走行の難しさを実感。働く現場は暖かかったが、やっと叶えたバスの運転手の職を毎日「辞めたい」と思うほど大変だったそう。さらに冬道走行だけでなく、雨天時もバスは普通乗用車以上に泥はねをするため、水たまりを避けたり減速したりと、歩行者や自転車にも気を配る。佐々木さんは「入社後1ヵ月間の研修で先輩から教えてもらってはいたのですが、実際に自分でバスを運転してみてわかることばかりでした」と苦笑する。
 現在、佐々木さんは1日約6路線を運転している。日によって運転する路線も、運転するバスも違う。「バスによってブレーキの利き方は全然違います。僕はまだ経験が浅いので、毎日ブレーキングの確認をしています」と事前点検を怠らない。その理由は、ブレーキ操作ひとつで交通事故にもなり、車内事故にも繋がるからだ。常にお客さんが乗車していることを意識し、急停車・急発進をしなくていい走行を心掛けていると言う。
 そんな気を使うことの多い佐々木さんのリフレッシュ方法は、休みの日に必ず行くと言うパチンコと銭湯。勝っても負けても決めた予算分だけパチンコを楽しみ、そのあとは決まって銭湯へ。小さな街の銭湯だったり、スーパー銭湯だったりと、その日の気分で行き先を決め、大きな風呂にゆっくりと浸かることで疲れを癒し、好きなサウナでひと汗かくことで体も心もスッキリし、明日への活力が湧いてくるんだとか。
 今冬で運転手歴2年目に突入した佐々木さんに、この仕事をして良かったと感じるときは? と尋ねると「年配の方に、運転上手だね、乗っていて気持ちが良かったよ、と声を掛けられたときもうれしかったですが、1番は何事もなくお客様が無事に目的地の停留所で降りられるときです」と答えてくれた。
 乗客を安全に目的地へ送り届けるために、佐々木さんは今日も大好きなバスで旭川市内を走っている。

 
輝く若者たち

佐々木拓磨さん職場

旭川電気軌道株式会社

輝く若者たち

■本社
旭川市3条通18丁目左3号/0166-32-2161
■春光営業所
旭川市春光3条8丁目6番7号/0166-54-1911

このページのトップへ